« May 2016 | Main | September 2016 »

July 24, 2016

(緊急警戒) 地震予知予報 : 2016.7.24 朝焼け「赤焼け現象」海外含む、首都圏・関東・沖、関東・東北地方太平洋沖など広域警戒 ! 全国核施設・原発・沖 警戒 !

(緊急警戒) 地震予知予報 2016.7.24
2016.7.24 朝焼け 特に南-南東-東-北東-北北東-北 「赤焼け現象」対象
数日間~約1週間 大きめ・大きな (M5~M6~M7クラス)規模予測、海外含む (7, 14, 22, 27.5-29.5日後, 44-45日,59-60日後など 大きな (M6~M7クラス)規模予測 警戒日)、場合によって巨大 (M8クラス)規模、視野に (津波警戒) 要警戒 !
警戒日 : 2016.7.24 から 1週間 7.31 (1:7日後), 8.7 (2:14日後), 8.15 (3:22日後), 8.20-8.21 (4pre: 27.5日後), 8.22-8.23 (4:29.5日後) 頃など)

警戒域 (日本周辺含む) : 伊豆諸島・東方沖-首都圏 (特に千葉県・茨城県南部(野田北・坂東・常総・つくば・下妻、東海第二原発)・沖 (東京湾、房総沖・銚子沖)-関東・東北地方太平洋沖--茨城県・栃木県・福島県・山形県・新潟県・柏崎刈羽原発・沖-広島県・島根県・沖-日本海-韓国南東部原発沖・北朝鮮東沖-ロシア沿海州・沖-中国本土北東部など、(南方) 南アジアなど 広域警戒 !
(20世紀負の遺産) 全国核施設・原発・沖 警戒 !

「独自仮説 : 核施設・原発・放射性熱エネルギー地震誘発説」: (地球科学)
大震災誘発、人災 警戒 !

「即時 原発ゼロ (完全廃炉)」は、重要な防災・減災対策である。
「即時 原発ゼロ (完全廃炉)」は、人類の義務です。
チェルノブイリ原発事故、米スリーマイル島原発事故、福島第一原発事故・放射能汚染、広島原爆、長崎原爆、平和憲法を忘れずに !

特に、鹿児島・川内原発地震誘発、熊本・大分、伊方原発・沖、中央構造線、高浜原発・福井原発地雷原・沖、九州・南海トラフ大震災想定域など、全国的に広域警戒 !
鹿児島・川内原発 (元凶 : 莫大な熱源・原発再稼働地雷運転中で、地球に放射性熱エネルギー (地震エネルギー源にもなりうる) 供給し続けている為、地震誘発継続)、愛媛・伊方原発 (中央構造線、停止中でも核燃料があれば熱源には変わりない) 警戒 !

鹿児島・川内原発、愛媛・伊方原発、福井・高浜原発・福井原発地雷原など、莫大な熱源・原発地雷原再稼働 地震誘発・大雨誘発 人災警戒 !

(画像など詳細は、IRIMALL 地震予知予報 (リンク先左メニューから) IRIMALL EQ BBS 5 地震前兆掲示板、地震・津波と原発など 参照)
IRIMALLなど、ご覧ください。

--
(ご参考) 2016 茨城・東海第二原発・沖付近 発震報告

・7.21 22:51 茨城県沖(東海第二原発沖) 20KmD M3.6 震度3 (茨城)
--(満月トリガー (7.17-7.18~7.21-7.22 頃) 対象)
・7.19 16:28 茨城県沖(日立沖・東海第二原発北東沖) 50KmD M4.1 震度3 (茨城) 震度2 (福島) 震度1 (栃木)
・7.16 17:40 茨城県沖(東海第二原発沖) 50KmD M3.8 震度1 (茨城)
・7.11 20:29 茨城県沖(東海第二原発沖・日立沖) 50KmD M3.8 震度2 (茨城)
・7.2 08:49 茨城県沖(大洗研究用原子炉沖・東海第二原発沖) 40KmD M4.2 震度2 (茨城) 震度1 (千葉、栃木)
・6.29 12:52 茨城県沖(東海第二原発沖) 40KmD M3.6 震度1 (茨城)
・6.29 11:35 茨城県北部(東海第二原発) 60KmD M3.7 震度3 (茨城) 震度2 (栃木、福島) 震度1 (千葉)
・6.20 03:48 茨城県沖(東海第二原発沖) 40KmD M3.3 震度1 (茨城)
・6.18 08:50 茨城県沖(東海第二原発沖) 20KmD M4.2 震度3 (茨城) 震度2 (千葉、栃木) 震度1 (埼玉、群馬、福島)
--(満月トリガー (6.18~6.22 頃) 対象)
・6.9 11:26 茨城県沖(東海第二原発沖) 60KmD M3.3 震度1 (茨城)
・6.5 23:40 茨城県北部(常陸太田・東海第二原発北西) 60KmD M3.3 震度1 (茨城)--(2016.6.2 東海第二原発 放射性物質廃液 (国の基準 40倍超 コバルト60 1700Bq/平方cm 検出) 750リットル漏れ事故)
・5.25 20:47 茨城県沖(東海第二原発沖) 40KmD M3.6 震度1 (茨城)
・5.23 23:17 茨城県沖(東海第二原発沖) 60KmD M4.1 震度3 (茨城) 震度2 (栃木、福島) 震度1 (千葉、埼玉、群馬)
・5.22 04:40 茨城県沖(東海第二原発沖) 40KmD M3.6 震度1 (茨城)
・5.19 07:00 茨城県沖(鉾田沖・大洗研究用原子炉東南東沖) 50KmD M3.4 震度1 (茨城)
・5.16 12:11 茨城県北部(東海第二原発) 60KmD M3.7 震度2 (茨城) 震度1 (栃木、福島)
・5.15 22:23 茨城県北部(東海第二原発) 60KmD M3.0 震度1 (茨城)
・5.13 17:33 茨城県北部(大洗研究用原子炉北西・水戸南) 50KmD M3.2 震度1 (茨城)
・4.28 22:57 茨城県沖(東海第二原発沖) 50KmD M3.8 震度2 (茨城) 震度1 (福島)
・4.24 08:18 茨城県沖(東海第二原発沖・日立沖) 20KmD M3.3 震度1 (茨城)
・4.15 03:29 茨城県沖(東海第二原発沖・大洗研究用原子炉沖) 10KmD M4.4 震度1 (茨城、福島)
・4.8 茨城県沖(東海第二原発沖) 40KmD 22:24 M3.8 震度1 (茨城、福島), 09:46 M3.3 震度1 (茨城)
・3.1 19:42 茨城県沖(東海第二原発沖・日立沖) 60KmD M3.5 震度1 (茨城、栃木)
・2.24 17:01 茨城県沖(東海第二原発沖・日立沖) 50KmD M3.4 震度1 (茨城)
・2.21 14:22 茨城県沖(大洗研究用原子炉沖・鉾田沖) 50KmD M3.8 震度2 (茨城) 震度1 (千葉)
・2.14 23:28 茨城県北部(東海第二原発・北西・常陸太田) 60KmD M3.6 震度1 (茨城、栃木、福島)
・2.12 21:53 茨城県沖(東海第二原発沖・日立沖) 20KmD M3.2 震度1 (茨城)
・1.30 15:31 茨城県沖(東海第二原発・日立沖) 40KmD M3.3 震度1 (茨城)
・1.30 12:34 茨城県北部(東海第二原発) 60KmD M3.9 震度2 (茨城、栃木、福島) 震度1 (千葉、埼玉、群馬)
・1.19 04:51 茨城県沖(東海第二原発沖) 50KmD M3.7 震度 (茨城、埼玉)
・1.16 06:19 茨城県沖(大洗研究用原子炉沖) 40KmD M3.4 震度1 (茨城)
・1.15 04:29 茨城県北部(東海第二原発) 60KmD M4.3 震度3 (茨城、栃木、福島) 震度2 (東京、千葉、埼玉、群馬) 震度1 (神奈川、宮城)
--(2016.1 茨城・東海再処理施設 高放射性廃液のガラス固化再開 何らかな作業中 人災警戒)(1.12,(晴天域 1.8),1.7 など対象)(半月トリガー (1.15-1.16 1.17-1.18-1.20 頃) 対象)
・2016.1.6 06:23 茨城県沖(大洗研究用原子炉沖・東海第二原発沖) 40KmD M3.4 震度1 (茨城、福島)

--
(やはり、気になる危険な原発ニュース)

(重要 危険な莫大な熱源・原発関連)
(緊急警戒 : 特に愛媛・伊方原発・沖周辺)
(2016.6.24 愛媛・伊方原発 「危険な原発再稼働準開始」関電・高浜原発の再稼働直後警報事故の反省もなく電力供給過剰の中、なし崩し的異常な人命軽視の四国電力の危険な原発再稼働 (2016.7.26 予定か ?) 6.24 原子炉にウラン・プルトニウム混合・核燃料装填開始 、関電の福井・高浜原発 再稼働直後の3件原発事故相次ぎ原子炉緊急停止同様な原発事故 警戒 ! 核燃料装填ですでに地震誘発・大雨誘発 (九州全域・四国全域・山陽・山陰・中央構造線-長野) 人災警戒 ! : 「莫大な熱源・原発 地雷再稼働」、核燃料装填ですでに大震災誘発、大雨誘発 人災警戒 !)
(南海トラフ大震災など地震・大雨 原発誘発 (川内原発-伊方原発-浜岡原発) 懸念) 問われる人命軽視で無責任な四国電力・経営陣、伊方町長、愛媛県知事、安倍首相・自公与党、原子力規制委員会など利権者の責任、人命軽視 非難拡大 !

(緊急警戒 : 2016.7.17 伊方原発 原子炉一次冷却水ポンプ異常漏れ事故 (核燃料装填後、再稼働臨界前) : 2016.6.24 原子炉・核燃料装填開始、7.26 再稼働臨界予定)
(2016.7.17 07:30 愛媛・伊方原発 3号機・原子炉一次冷却水漏れ事故 放射性物質を含む一次冷却水のポンプに異常あり洗浄水 少なくとも数リットル漏れる事故発生 (部品交換要)、放射性物質による外部への影響はないとしている : 2016.7.26 再稼働臨界予定延期)

(ご参考・再掲 発震報告)
・2016.7.1 14:40 伊予灘(伊方原発西沖・国東半島沖・大分空港沖) 80KmD M4.3 震度3 (大分) 震度2 (熊本、宮崎、愛媛、高知、山口、広島) 震度1 (福岡、徳島、岡山、島根)
--(新月トリガー (7.2~7.6 頃) 対象)
(「2016.6 24 (莫大な熱源・原発) 愛媛・伊方原発 危険な再稼働準備開始・ウラン・プルトニウム混合核燃料装填 人災」対象 : 莫大な熱源・伊方原発すでに地雷再稼働核燃料装填 地震誘発・大雨誘発 人災噴火警戒 !)(後続警戒 !)

--

(地震予知予報) 2016
新月トリガー (8.30~9.3 頃) 半月トリガー (8.23-8.25-8.27 頃) &
満月トリガー (8.16~8.20 頃) 半月トリガー (8.9-8.11-8.13 頃) &
新月トリガー (8.1~8.5 頃) 半月トリガー (7.24-7.26 7.27-7.29 頃) &
季節トリガー (夏 2016.6.10~8.30-9.3 頃) 要警戒 !
「雨・豪雨・雷雨・豪雪による抑制効果期待」するも大雨・雷雨・大雪、竜巻に警戒 !

(画像など詳細は、IRIMALL 地震予知予報 (リンク先左メニューから) IRIMALL EQ BBS 5 地震前兆掲示板など 参照)
IRIMALL

(地震予知予報)
全国的にかなり活発 広域警戒 !
全国核処理施設・原発・沖 警戒 !

「独自仮説 : 原発・放射性熱エネルギー地震誘発説」: (地球科学) 大気不安定は、「莫大な熱源・原発などに対する (地球による)自然のバランス調整」、原発による海水温上昇、気温上昇 注意・警戒 !
大震災誘発、人災 警戒 !

「即時 原発ゼロ (完全廃炉)」は、最も重要な防災・減災対策です。
「即時 原発ゼロ (完全廃炉)」は、人類の義務です。
チェルノブイリ原発事故、米スリーマイル島原発事故、福島第一原発事故・放射能汚染、広島原爆、長崎原爆、平和憲法を忘れずに !

鹿児島・川内原発、愛媛・伊方原発、福井・高浜原発・福井原発地雷原など、莫大な熱源・原発地雷原再稼働 地震誘発 人災警戒 !

-
(再掲)
(地球温暖化対策 莫大な熱源・原発ゼロめざし : 2015 仏パリ COP21 太陽光発電など再生エネルギー推進 米国と中国の経済二大国がリード)

(国内ギガソーラー・プロジェクト : 独企業先導、京セラ製ソーラーパネル)
(2016.5.1 全国 (東北、長崎など) ドイツ 太陽光発電プロジェクト開発会社・独フォトボルト社 (PVDP) 日本国内開発中の 8プロジェクトで合計 1913MW (1.913GW ギガワット)のメガソーラー(大規模太陽光発電所)に関し、各地の電力会社から系統連系の承諾を得て大規模プロジェクト始動公表 : 長崎・佐世保・宇久島 (五島列島北東部) 430MW、岩手・遠野 600MW、青森・横浜町 (下北半島) 500MW、秋田・由利本荘 (ゴルフ場跡地) 39MW、宮城・大崎 155MW、山形・川西 (ゴルフ場跡地) 50MWなど、すでに着工している岡山・瀬戸内 (錦海塩田跡地) メガソーラー(230MW)を大きく上回り、国内最大規模となる) : ソーラーパネル輸出先はフランス (原発の代替プロジェクット需要あり) が有望。原発廃炉前でも放射能汚染懸念の原発周辺地帯への無人メガソーラー建設が有利。
佐世保・宇久島と岩手・遠野市で計画しているメガソーラーの特徴は、農地の一時転用によるソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)を前提に計画を進めており、いずれも畜産業と太陽光による売電事業との併営を検討。太陽光パネルの設置高を高くすることで、パネルの下で家畜を放牧できるようにする。
佐世保・宇久島ソーラープロジェクト (京セラ製ソーラーパネル使用、九州本土間に海底ケーブル 60km 敷設)は、京セラ、九電工、オリックス、みずほ銀行の5社で協力して進めることで基本合意している。(総投資額は約1500億円)

(新しい太陽光発電 : 設置場所を選ばないソーラーパネル・モジュール新技術で実用化 -「太陽光発電道路 (Wattway)」 仏国で設置始まる)
(2016.4.11 2.12 フランス エコ「太陽光発電道路 (Wattway ソーラーパネルを敷き詰めた道路カバー)」5年間で 1000Km 建設予定、2015.12 COP21 (気候変動枠組条約 第21回締約国会議)「パリ協定」に基づき先行仏国で新技術 (メガソーラーの道路装着を推進) 昼間は太陽光、夜間は街路灯、ヘッドライトの光で発電か (1km の Wattway 道路で、5000人規模の町の街路灯の電力を全てカバーできるとしている) : ソーラーパネル・モジュールそのものは、わずか数ミリの薄さで非常に頑丈、短時間で舗装道路上にそのまま装着できる)
「太陽光発電道路 (Wattway ソーラーパネルを敷き詰めた道路カバー)は、仏道路建設会社 Colas と仏国立研究機関との 5年間の共同開発で確立、実用化した : 多層基板内に埋め込まれた太陽電池セル (多結晶シリコン薄膜フィルム) で発電、トラックを含むあらゆる自動車走行に耐える仕様で、世界市場をにらんだ輸出も可能としている。勿論、駐車場にも装着できる。(公開された装着状況の写真) 歩道にも装着可能だろう。
又、Wattway は道路カバーとなり、舗装道路の補修費も節約できる。
さらにこのソーラー発電道路と非接触型充電器埋め込み床を駐車場に設置すれば、一般電力不要で自給自足的に駐車中の電気自動車 (EV) を充電できるようになる。(高速道路サービスエリア駐車場などから実施)

-
イージーウェー「即時 原発ゼロ (完全廃炉)」実施を !
(核廃棄物最終処分場は、現存の原発敷地内地下に ! 地上廃炉後は、短納期、放射能に強い、本当にクリーンで安全な無人太陽光発電に衣替え)
注、中間保管不要、原発敷地内に核廃棄物最終処分場の早期建設を !

2011年-2012年-2013年-2014年-2015年 日本「原発依存度ゼロ」: メガソーラー (ギガソーラーへ加速) 急成長・大活躍 !
2012.7-2013.12「1年半の短期間での急成長メガソーラー建設・稼働実績 発電量は原発9基分相当」など、現在 太陽光発電は、すでに原発数十基分相当の発電量を達成していることだろう。

2015 夏 猛暑ピーク時の電力事情 供給過剰 (2015 夏ピーク時電力供給・発電構成)
太陽光発電 6.5% (原発12基分相当 1000万Kw超、2年前 1% だったので 2年間で6.5倍の急上昇)、火力 75.4%、水力 6.9%、揚水 10.9%、その他の再生エネルギー 0.2%、
原子力・原発依存度ゼロ (2011-2012-2013-2014-2015年 莫大な熱源・原発 完全不要の長期実証)

注1、2014 太陽光発電 (メガソーラー)は、原発信奉・地雷再稼働目論む政府・経産省による抵抗や電力会社による売電拒否があったにもかかわらず、2015 猛暑ピークで電力依存度の 6.5%を記録した。
注2、この実績から、川内原発・地雷再稼働関連で原発信奉 (核兵器材料生産器・原発)の九州電力・経営陣、陳腐な安倍自公政権、鹿児島県、薩摩川内市の愚かさ、「政治とカネ」にまつわるエゴが分かる。
-

北極圏、巨大、大きな地震の発震・解放 (発震直前含む)に伴う地球規模の気温低下と局所的な地殻変動活発化に伴う熱上昇、気温上昇の混在、寒暖さ激しくなる様相。(数日間注意)

日頃の備えの再確認を ! 「自然のバランス調整」(雨、雪、雷による抑制効果期待、冷やしきれなければ発震します。豪雨、豪雪、落雷、竜巻には早めの対策・避難を心がけましょう。)
ご参考、青色画像など衛星画像 : 前兆雲の目 or ボタン状 (予測震央 or 近隣発震の場合 1ランク上の震度予測)

(地震予知予報研究による副産物から) 自然科学から社会科学へ
事件・事故・火事・水難・ドライブ・ガス漏れ、落石・土砂崩れ、雪崩、動物予兆など十分 気をつけましょう。企業、金融機関 (日本郵政・郵便局・ゆうちょ銀行・かんぽ生命、JAバンク、メガバンク、地銀など)、団体 (政権など含む)など不正隠し、犯罪、発覚など巻き添えにも、しばらく ご注意。
地球の自然の力であぶり出されます。(防災、防犯、防火、事故防止強化 !)
海外の場合には、紛争、大きな事件・事故、水難・水害など要警戒です。
----------------
----------------
(検証) 発震報告
(画像など詳細は、IRIMALL 地震予知予報 (リンク先左メニューから) IRIMALL EQ BBS 5 地震前兆掲示板など 参照)
IRIMALL

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2016 | Main | September 2016 »